2011年 グローバルモータースポーツ体制を発表(2011.02.14)

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)及びニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:東京都品川区南大井 社長:宮谷正一 以下、ニスモ)は、14日、2011年度のグローバルモータースポーツの活動概要を発表した。 日産は、クルマの楽しさと走る悦びをお客様に提供するために、モータースポーツ活動を事業の重要な一部と位置付け、本年も国内最高峰のチャンピオンシップであるSUPER GTシリーズGT500クラスをメインに取り組み、チャンピオン奪還を目指す。 また、昨年から開始されたFIA GT1世界選手権に「NISSAN GT-R」で参戦するプライベートチームに技術支援を行う。 さらに、若手ドライバー育成プログラムの実施や国内外のプライベートチームをサポートする活動を実施していく。

1. SUPER GT

■車両
R35型「NISSAN GT-R」にて、SUPER GTのGT500クラスに出場する。
参戦チームへの技術支援及び車両開発はニスモが行う。2011年型「NISSAN GT-R」は、以下の3点に重点を置いて開発を行った。
@VRH34Aエンジンを改良し、より最適なトルク特性と出力向上の実現
Aダウンフォース向上のためのボディ細部のデザインのリファイン
B駆動系の信頼性の向上

■チーム体制
日産系チームとしては、NISMO、TEAM IMPUL、KONDO RACINGに加え、新たにMOLAが参戦し、計4台の「NISSAN GT-R」で同シリーズGT500クラスに出場する。日産系チームの総監督は引き続き柿元邦彦が務める。

No. エントラント 監督 ドライバー 車両名 タイヤメーカー
23 NISMO 鈴木 豊 本山 哲/ブノワ・トレルイエ MOTUL AUTECH GT-R ブリヂストン
12 TEAM IMPUL 星野 一義 松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ カルソニック IMPUL GT-R ブリヂストン
24 KONDO RACING 近藤 真彦 安田裕信/ビヨン・ビルドハイム TBA ヨコハマ
46 MOLA 大駅俊臣 柳田真孝/ロニー・クインタレッリ S-Road MOLA GT-R ミシュラン

 

2. FIA GT1世界選手権

昨年に引き続き、FIA GT1世界選手権に参戦するプライベートチームに対し、ニスモが4台のR35型「NISSAN GT-R」を供給し、技術支援を行う。昨年1勝したSUMO POWER GTは引き続き参戦する。新たにJR MOTORSPORTS(JRM)がNISSAN GT-Rで参戦する。

■チーム体制
同選手権の規則により、日産・ニスモのワークス参戦ではなくプライベートチームへの技術支援という形で関与する。マニュファクチャラーごとに2チーム、それぞれ2台ずつのエントリーが義務付けられており、「NISSAN GT-R」も4台が参加する。

No. エントラント 監督 ドライバー
TBA SUMO POWER GT アンディ・バーンズ エンリケ・ベルノルディ(BRA)
リカルド・ゾンタ(BRA)
TBA TBA
TBA
TBA JR MOTORSPORTS ジェームズ・ラムゼイ ミハエル・クルム(DEU)
ルーカス・ルアー(DEU)
TBA ピーター・ダンブレック(GBR)
リチャード・ウェストブルック(GBR)

■車両
FIA GT1の技術規則は公認制度に基づいている為、大幅な仕様変更は許されていないが、2011年仕様では空力の性能向上を目的にフロントバンパーの改良を行うとともに車両の軽量化を実施した。

 

3. ニッサン・ドライバー・デベロップメント・プログラム(NDDP)

世界で活躍できる若手ドライバー育成を目的とし、2006年に始まったフォーミューラーチャレンジ・ジャパン(FCJ)に日産自動車が本年も引き続き協賛する。 NDDPアドバンススカラシップ対象ドライバーのうち、2名は全日本F3選手権ナショナル(N)クラスに、1名はF3ユーロシリーズへの参戦をサポートする。また日産スカラシップドライバー3名についてFCJへの参戦サポートを行う。

■NDDPアドバンススカラシップ対象ドライバー:
全日本F3(Nクラス)参戦: 千代勝正(23)、佐々木大樹(19)
F3ユーロシリーズ参戦:  佐藤公哉(21)

■NDDP FCJスカラシップ対象ドライバー: 近藤翼(21)、朱戴維(20)、高星明誠(18)

 

4. カスタマープログラム

@NISMO LMP2エンジン
2011年のACO LMP2規則に準拠したレース専用エンジン「NISSAN VK45DE」をILM (Intercontinental Le Mans Cup)、ルマン24時間レース、LMS (Le Mans Series)に参戦するカスタマーチームへ供給し、技術支援を行う。

ANISSAN GT-R FIA GT3車両
ニスモではNISSAN GT-RのFIA GT3仕様車を開発中であり、2011年に欧州および日本のレース数戦にテスト参戦を行い、2012年からカスタマーチームに供給予定である。

BフェアレディZ GT4車両
GT4 European CupにフェアレディZ(現地名370Z)で参戦するRJN Motorsportsにニスモが技術支援を行う。 Cスーパー耐久
スーパー耐久シリーズに参加するカスタマーチームにニスモが技術支援を行う。


 

全日本GT選手権関連

■2004年第1戦:GT CHAMPIONSHIP in TI

全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第1戦「GT CHAMPIONSHIP in TI」決勝において、#1「ザナヴィニスモZ」がデビューウィンを飾りました。


■2004年第4戦:GT CHAMPIONSHIP in TOKACHI SPEEDWEY

全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第4戦「GT CHAMPIONSHIP in 十勝」決勝において、#22「モチュールピットワークZ」が優勝を飾りました。


■2004年第5戦:GT CHAMPIONSHIP in TWIN RING MOTEGI

全日本GT選手権シリーズ(JGTC)第5戦「GT CHAMPIONSHIP in TWIN RING MOTEGI」決勝において、首位と0.01秒差の予選2位からスタートした#1「ザナヴィ ニスモZ」が、アクシデントが続出する悪条件の中、3位表彰台を獲得しました。


 

スーパー耐久

C-WEST ORCアドバンZ Z33フェアレディZのレース初優勝を飾る!

スーパー耐久シリーズ2004は3月20〜21日に、ツインリンクもてぎで開幕。クラス3(排気量2001cc〜、2WD)で、尾本直史/山田英二組の#23C-WEST ORCアドバンZが優勝。3位、5位にもZがゴールして今シーズンの大活躍を予感させる結果となった。


2004.05.16 Super Taikyu Series Round 3
 スーパー耐久・鈴鹿300マイル

スーパー耐久シリーズ第三戦、鈴鹿300マイルに行ってきました。


 

International Pokka 1000km

モチュール アドバン Z感動のチェッカー!

2004年8月21〜22日、第33回インターナショナル・ポッカ・1000km(通称:鈴鹿1000km)が鈴鹿サーキットにておこなわれ、フェアレディZはスーパー耐久クラスで参戦していました。途中のトラブルのため周回数不足で順位は確定しませんでしたが、2時間近いピット作業の後にコース復帰、チェッカーを受ける姿は感動的でした。


 

全日本ラリー選手権

■三好秀昌選手がZ33でチャレンジ!

昨年は2輪駆動部門/Cクラスで1度の優勝を獲得しシリーズ4位。今年はさらなる期待がかかる。



 

ドラッグレース

BERCドラッグレーシングチャンピオンシップ
第2戦ツインリンクもてぎ
OMR Drag Z32 プロストッククラスにてクラス優勝しました!