2004.08.21-22
International Pokka 1000km
【1/4】

2004年8月21〜22日、第33回インターナショナル・ポッカ・1000km(通称:鈴鹿1000km)が鈴鹿サーキットにておこなわれ、フェアレディZの参戦は唯一スーパー耐久クラスにおいて#230 MOTUL ADVAN Zのみでしたが、クラスを超えたチャレンジに大きな期待がもたれました。

#230 MOTUL ADVAN Zは、黒澤治樹/柳田真孝/星野一樹と、往年の名選手(黒澤元治、柳田春人、星野一義)の二世ドライバーが組み、メディアの話題になっていました。

#230 MOTUL ADVAN Zは、スパー耐久クラス3(C-3)のレギュレーションで制作された新車だそうです。スーパー耐久C-3クラスと言えば、星野一樹組の#245モバイルキャスト・アドバンZが選手権で現在4連勝中と、このままクラス優勝を目前としていますが、この鈴鹿で同じカテゴリーのマシンを参戦させるには何らかの理由があると考えられ、スーパー耐久において新たな展開を目指す新しいデバイスが組み込まれているとも考えられます。
※この時点ではクラス優勝されていませんでしたが、10月3日のレースにおいて2位入賞し、2004年度のシリーズチャンピオンを獲得しました。

カラーリングも#245モバイルキャスト・アドバンZに近い色合いではありますが、モチュール・アドバンZとしてここ鈴鹿オリジナルのカラーとして登場しました。21日の予選ではクラス3位のポジションを獲得しました。