Z32/SERIES (2Seater/2by2 Series)

1989.7〜 全車3リッターエンジン搭載。

300ZX TwinTurbo
VG30DETT:TwinTurbo Charged DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output 280PS/6400rpm.
Maximum Torque 39.6kgm/3600rpm.

300ZX
VG30DE:DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output 230PS/6400rpm.
Maximum Torque 27.8kgm/4800rpm.


1992.8〜 マイナーチェンジ&コンバーチブル追加。

300ZX CONVERTIBLE
VG30DE:DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output 230PS/6400rpm.
Maximum Torque 27.8kgm/4800rpm.


1993.9〜 マイナーチェンジ

電動スーパーHICAS搭載。ターボ車のリヤスポイラーがウィングタイプに変更。


1994.1〜 リミテッドS追加


1994.10〜 Version-S追加

300ZX VERSION-S
VG30DETT:TwinTurbo Charged DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output 280PS/6400rpm.
Maximum Torque 39.6kgm/3600rpm.


1997.1〜 Version-R追加

300ZX VERSION-R
VG30DETT:TwinTurbo Charged DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output 280PS/6400rpm.
Maximum Torque 39.6kgm/3600rpm.


  

1998.10〜 マイナーチェンジ&コンバーチブル廃止。

VERSION-S 2seater NA&TT
VG30DETT&VG30DE 3000cc

VERSION-S 2by2 NA&TT
VG30DETT&VG30DE 3000cc

VERSION-R 2by2 NA&TT
VG30DETT&VG30DE 3000cc

300ZX 2by2 NA&TT
VG30DETT&VG30DE 3000cc

主な変更点
フロントバンパー造形変更
(全車)
サイドシルプロテクター追加
(VERSION-Rに標準)
リラスポイラー造形変更
(VERSION-R、300ZXTTに標準)
キセノンヘッドランプ
(TT車に標準装備)
その他多数


Z32系

1989年7月
フェアレディZ(CZ32/GCZ32型)発売
2シーター(CZ31)と2by2(GCZ31)のボディータイプ、
当初よりノーマルルーフ、T-barルーフの2タイプ
全車V型6気筒ツインカム3Lエンジン
ツインターボのVG30DETT型とNAのVG30DE型エンジンを設定
300ZX(VG30DETT)T-bar、300ZX(VG30DE)T-bar
300ZX(VG30DETT) 、300ZX(VG30DE)の4タイプ
VG30DETT/2960cc 280ps/6400rpm 39.6kg-m/3600rpm
VG30DE/2960cc 
230ps/6400rpm 27.8kg-m/4800rpm

1992年8月
マイナーチェンジ
フェアレディZ(HZ32型)コンバーチブル追加設定
ターボ車のSuperHICS変更
運転席SRSエアバックをオプション設定
1993年9月
マイナーチェンジ
ターボ車に電動SuperHICS採用
ターボ車のリアスポイラーをウィングタイプに変更
1994年1月
リミテッドS追加
2by2T-barをベースに装備を充実
1994年10月
Version Sシリーズを追加設定
運転席SRSエアバックを全車に標準設定
グレード体系の見直し
1997年1月
Version Rシリーズを追加設定
2by2T-barをベースにレカロシート、特別ステアリング、カーボン調センターパネル等採用
新色のミッドナイトパープルを全車に設定
1998年10月
マイナーチェンジ
コンバーチブル廃止
全車フロントバンパー造形変更
VERSION-Rに標準サイドシルプロテクター追加
VERSION-R、300ZXTTに標準のリラスポイラー造形変更
キセノンヘッドランプTT車に標準装備
その他多数
2000年8月
Z32型フェアレディZ生産終了


北米MODEL

300ZX TwinTurbo
VG30DETT:TwinTurbo Charged DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output(SAE nat) 300hp/6400rpm.
Maximum Torque 283ft-lbs/3600rpm.

300ZX
VG30DE:DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output(SAE nat) 222hp/6400rpm.
Maximum Torque 198ft-lbs/4800rpm.

300ZX CONVERTIBLE
VG30DE:DOHC 6-Cylinder 3000cc
Maximum Output(SAE nat) 222hp/6400rpm.
Maximum Torque 198ft-lbs/4800rpm.

  
アメリカのカタログ

ー1992年2月のものー

  

米国のスポーツカーに対する保険料が高額なため、販売台数が激減し、1995年11月17日、「日産フェアレディZ 北米輸出を来夏中止」の新聞発表。 1996年7月米国向け生産打ち切り。最終オフライン車は、ロスの自動車博物館に寄贈された。

日産自動車、社内誌の記事

米国向300ZX(日本名・フェアレディZ)最終オフライン車、ロスの自動車博物館に寄贈

 8月28日、米国向300ZX(日本名・フェアレディZ)の最終オフライン車をロサンゼルスのピーターソン自動車博物館に贈呈する記念式典が開催されました。
 米国向Z は69年の初代240Z発売開始以来、人々に”Zカー”の愛称で親しまれ、26年間累計で百万台を越える販売を記録しましたが、スポーツカー市場の冷え込みを背景に、本年7月で生産打ち切りとなりました。しかしながら、ニッサンのイメージリーダーとして、また米国市場を代表するスポーツカーとして常に時代をリードし続け、計り知れない功績を残してきた同モデルだけに、その「引退」は多くの人々に惜しまれ続けています。
 贈呈式の会場では、一世を風靡したそのZの栄光を祝すべく歴代モデルすべてが展示され、過去のテレビ・コマーシャルや日産車体株式会社の協力を得て制作された最終オフライン車の製造風景等も上映されました。当日はマスコミ関係者、米国Zファンクラブ会員、歴代Zオーナー、地元関係者ら総勢約800人が見守る中、最終オフライン車(シリアル番号"300番")が地元ディーラーから同博物館に寄贈されました。
 なお、同式典の模様はCNNを始め、内外の主要メディアで紹介され、大きな反響がありました。

  

最終オフライン車を前にあいさつをする米国日産トム・イーストウッド副社長と創生期のZ開発・拡販に尽力された元米国日産社長のミスターKこと片山豊氏。

(米国日産自動車会社)